調停以外の手続きの主なもの

gf0110438702l

 

両親が離婚をしたり養子縁組をした時などに、親の氏が変わります。しかし、親の氏が変わったからといって、子の氏が自動的に新しい親の氏に変更することはありません。子の氏の変更するには、子の氏を変える申し出を市町村にしなくてはなりません。調停以外の手続きで氏の変更が許可される場合は、両親が婚姻中である時です。子が15歳未満の時、親の氏が変わった場合は、両親が子に代わって子の氏を変える申し出ができます。両親は新しい氏を名乗ることで一旦、夫婦で新しい戸籍を編成します。両親が除籍した戸籍に子らは残りますが、両親が親権者として本人に代わって氏の変更を申し出ることで、子らもまた両親の新しい氏を名乗り同じ戸籍に入れます。子が15歳以上の場合には、子自らが申し出ることで同様の手続きをすることができます。両親が離婚した場合で子が氏の変更をする時は、必ず調書が必要になります。調書を市町村に持っていき親権者が子に代わって氏の変更を届け出ます。15歳以上の場合には、子らが自ら申し出ることで同様の手続きができます。子は申し出や調書によって氏の変更をすることができます。ただ、入籍届をして初めて、未婚の子と親は同じ戸籍に入ることができます。