家事調停はどんな流れで進む?

 

gf1940270332m

 

家事調停というのをご存知でしょうか。離婚や相続といった、家族の間での争いを話し合いでまとめるものです。この場合には調停委員会が開かれ、第三者である調停委員による話し合いという流れの中で進められます。原則非公開で、しかも手続きが簡単なこと、手数料が1件の調停につき1200円と安いことから、家族間の紛争を収めるためには最良の手段といえます。
まず、原則として相手方の住所を管轄する裁判所で申立を行います。この時に印鑑や戸籍謄本、申立費用(通常収入印紙)を持参します。その後申立人と相手方に連絡が行き、調停が始まります。この時調停委員に自分の言い分を聞いてもらいますので、話すことの要点をメモして持って行くといいでしょう。1回で解決しない場合は、再び調停を行うことができます。関係者の都合を考慮したうえで次回の期日が決まり、前回同様に話し合いが行われます。この流れを経て、双方が合意に達した場合には、調停調書が作成されます。この調書は法的効力があり、もし調書で決められた事項に従わなかった場合には、強制執行を受けることになります。
どうしても調停が成立しなかった場合には、審判といって、裁判官に解決してもらうことができます。また、不成立の場合には、訴訟を起こすこともできますが、この場合は調停に比べてかなり費用と日数がかかります。