一般的な問題は民事調停で解決

 

gf1940270332m

 

刑事事件以外のトラブルを解決する方法としては、民事調停と民事訴訟がありますが、民事訴訟は損害賠償や財産に関する問題を解決するものであり、一般的な近隣トラブルなどを解決する方法としては民事調停が有効です。まずは簡易裁判所か地方裁判所へ申し立てを行います。そして、裁判官一人と民間から選ばれた弁護士や医師などの専門家二名の立会いの元、当事者の話を聴き、法律や実例に即した内容を提示し、当事者間での合意を目指すものです。民事調停のメリットとしては、まず、裁判官立会いではありますが、当事者間での合意、歩み寄りを目指すもので、双方が納得のいく結論を導き出そうというものです。これが民事訴訟のように裁判所の判決という第三者の判断になりますと当事者間のいさかいが感情的でより複雑になることも考えられます。次に、当事者間での話し合いとは言うものの、合意内容を記した調停調書は判決と同等の効力を有するものであり、もし内容を遵守しなければ、調停調書に基づいて強制執行を行うこともできます。また、当事者間で顔を合わせたくない場合は個別に聞き取りも行ってもらえるますし、調停自体は非公開ですのでプライバシーも守られます。そして、手続き自体が簡単、訴訟費用が安い、解決までの期間が短いというのも利用しやすさの一因にもなっています。