家族や男女間の問題・財産の問題を解決

 

gf1940270332m

 

調停では裁判所が当事者間の紛争に介入し、当事者双方の譲歩を引き出し、合意による紛争の解決を目指します。
調停は裁判官だけでなく一般市民から選ばれた調停委員も参加して行われ、当事者双方から話を聞きながら歩み寄りを促し、最終的に双方が合意できるような調停案を提示することになります。
民事での争いに関する調停は民事調停と呼ばれ、基本的にどのような民事の争いについても申し立てることができます。
中でも夫婦間や男女間の問題などは家事事件と呼ばれ、調停が行われることの多い分野となっています。
夫婦間の問題についての調停では、離婚に伴う慰謝料の支払や子どもの親権、財産分与の方法などについて問題解決を図ることができるほか、夫婦を円満な関係に戻すための話し合いの場としても利用することができます。
調停が最終的に合意に達すると、裁判所によって調停調書が作成されます。
調停調書には合意がなされた内容について記され、内容が履行されない場合には裁判所が履行勧告や履行命令、強制執行などの手続きを行うことが可能となっています。
また調停が成立しなかった場合には不調調書が作成され、調停を再び申請することはできなくなり、その後は民事訴訟での問題解決を目指すことになります。