‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

調停以外の手続きの主なもの

2014/02/14

gf0110438702l

 

両親が離婚をしたり養子縁組をした時などに、親の氏が変わります。しかし、親の氏が変わったからといって、子の氏が自動的に新しい親の氏に変更することはありません。子の氏の変更するには、子の氏を変える申し出を市町村にしなくてはなりません。調停以外の手続きで氏の変更が許可される場合は、両親が婚姻中である時です。子が15歳未満の時、親の氏が変わった場合は、両親が子に代わって子の氏を変える申し出ができます。両親は新しい氏を名乗ることで一旦、夫婦で新しい戸籍を編成します。両親が除籍した戸籍に子らは残りますが、両親が親権者として本人に代わって氏の変更を申し出ることで、子らもまた両親の新しい氏を名乗り同じ戸籍に入れます。子が15歳以上の場合には、子自らが申し出ることで同様の手続きをすることができます。両親が離婚した場合で子が氏の変更をする時は、必ず調書が必要になります。調書を市町村に持っていき親権者が子に代わって氏の変更を届け出ます。15歳以上の場合には、子らが自ら申し出ることで同様の手続きができます。子は申し出や調書によって氏の変更をすることができます。ただ、入籍届をして初めて、未婚の子と親は同じ戸籍に入ることができます。

家事調停はどんな流れで進む?

2014/02/14

 

gf1940270332m

 

家事調停というのをご存知でしょうか。離婚や相続といった、家族の間での争いを話し合いでまとめるものです。この場合には調停委員会が開かれ、第三者である調停委員による話し合いという流れの中で進められます。原則非公開で、しかも手続きが簡単なこと、手数料が1件の調停につき1200円と安いことから、家族間の紛争を収めるためには最良の手段といえます。
まず、原則として相手方の住所を管轄する裁判所で申立を行います。この時に印鑑や戸籍謄本、申立費用(通常収入印紙)を持参します。その後申立人と相手方に連絡が行き、調停が始まります。この時調停委員に自分の言い分を聞いてもらいますので、話すことの要点をメモして持って行くといいでしょう。1回で解決しない場合は、再び調停を行うことができます。関係者の都合を考慮したうえで次回の期日が決まり、前回同様に話し合いが行われます。この流れを経て、双方が合意に達した場合には、調停調書が作成されます。この調書は法的効力があり、もし調書で決められた事項に従わなかった場合には、強制執行を受けることになります。
どうしても調停が成立しなかった場合には、審判といって、裁判官に解決してもらうことができます。また、不成立の場合には、訴訟を起こすこともできますが、この場合は調停に比べてかなり費用と日数がかかります。

家族や男女間の問題・財産の問題を解決

2014/02/14

 

gf1940270332m

 

調停では裁判所が当事者間の紛争に介入し、当事者双方の譲歩を引き出し、合意による紛争の解決を目指します。
調停は裁判官だけでなく一般市民から選ばれた調停委員も参加して行われ、当事者双方から話を聞きながら歩み寄りを促し、最終的に双方が合意できるような調停案を提示することになります。
民事での争いに関する調停は民事調停と呼ばれ、基本的にどのような民事の争いについても申し立てることができます。
中でも夫婦間や男女間の問題などは家事事件と呼ばれ、調停が行われることの多い分野となっています。
夫婦間の問題についての調停では、離婚に伴う慰謝料の支払や子どもの親権、財産分与の方法などについて問題解決を図ることができるほか、夫婦を円満な関係に戻すための話し合いの場としても利用することができます。
調停が最終的に合意に達すると、裁判所によって調停調書が作成されます。
調停調書には合意がなされた内容について記され、内容が履行されない場合には裁判所が履行勧告や履行命令、強制執行などの手続きを行うことが可能となっています。
また調停が成立しなかった場合には不調調書が作成され、調停を再び申請することはできなくなり、その後は民事訴訟での問題解決を目指すことになります。

特定調停はどんな流れで進む?

2014/02/14

 

gf0110438702l

 

債務整理の方法の一つである特定調停はどんなもので、どのような流れで決められるのでしょうか。これは自分で裁判所に申立を行い、債権者と調停を行って返済額を決めるもので、流れとしては以下のようになっています。
まず、債権者の住所を管轄する裁判所に出向いて、申立をします。債権者が複数の場合は、当該機関が最も多い地域の裁判所で行います。この時に印鑑と、調停に必要な切手代及び印紙代を持参します。印紙は1社につき500円、切手は1社について1450円分で、1社増えるごとに80円3枚、10円1枚の計250円分が追加されます。給与明細や確定申告書、借入契約書がある場合はそれも持参してください。当日持参できない場合は、改めて裁判所に書類を持って出向くことになります。申立の受付が終わって数日たつと、督促が来なくなります。
裁判所側から債権者に通知書が送られ、調停委員が選出されて、いよいよ調停の始まりです。裁判所からいつ出向くようにとの通知が来ますので、その日に必ず行くようにしてください、不可能な場合は電話でその旨を伝えてください。調停では、申立の際の書類の内容や、本人の今後の生活などを見たうえで、委員により調停が進められます。返済が不可能な場合には、調停が取り下げられることもあります。また、同意に至らない場合は、17条決定といって、委員の職権で決定がなされ、具体的な返済計画が記された調停調書が作られます。
ただし、17条決定の場合に債権者から異議が出ることもあります。このような場合には、調停以外の債務整理、たとえば任意整理や自己破産が検討されることになります。

特定調停をするメリットは?

2014/02/14

 

gf1940270332m

 

債務整理の1つである、特定調停をするメリットとは、具体的にどのようなものでしょう。まず何といっても、費用が掛からないことです。他の債務整理の方法を選んだ場合、弁護士や司法書士に依頼することになりますので、その着手料や報酬として、最低でも20万円ほどかかります。もちろん分割で支払うことが可能ですが、債務整理をするというのは、それでなくてもお金がないのですから、できれば費用が掛からない方法ですませたいという人も多いでしょう。その点、調停の場合は、債権者の数にもよりますが、1万円もあれば十分です。もちろんその分、自分で裁判所に行って申立を行い、期日にまた裁判所に出向いて調停を行うことになります。しかしその場合も、調停委員が取り仕切ってくれますし、また、債権者との同意に達した場合は、すぐに返済計画を盛り込んだ調書が作成され、調停が成立します。
もちろんデメリットもあります。まず申立は、相手方の住所のある地域の裁判所で行うため、債権者が遠方にある場合は交通費がかかります。また、もし調停で同意に至らなかった場合、17条決定といって、調停委員の職権により決定がなされますが、債権者がそれに不満がある場合には、調停以外の債務整理の方法を検討する必要が出てきます。

サラ金やクレジットの返済が苦しい時の解決

2014/02/14

 

gf0110438702l

 

サラ金やクレジットの返済が苦しい時の解決策について書きたいと思います。先ずは、現状どれだけの金額(借金)があるのか把握する事です。あくまでも個人経験上ですが、返済が苦しくなるのは、自身の能力を超えている借金をするからだと思います。生活費等、毎月の必要経費(固定費)を引いた分が返えす金額となります。ですが生活していく上で、急な出費ってありますよね。
必要経費+変動費(急な出費)を含めて計算していないと苦しくなるどころか、足りなくなるのです。足りなくなるとまた借りるを繰り返し、返済するために借りる自転車操業から抜け出せなくなります。ですから、現状の借りている金額を増やさない事から始めます。
そして、必要経費+変動費(急な出費)を僅かでも抑えて返済金に充てて行きます。『無理のない計画を』ってCMでよく見ますが、必要経費+変動費(急な出費)を無理してでも抑える事が完済への近道です。能力を超えたクレジット決済や借金は、簡単に借りられる事から、借り癖が付きこの癖を抜くためにも必要経費+変動費(急な出費)を抑える癖を付け直して行くのです。そうすると完済後は、貯金することも可能になります。
もう一つは、必要経費+変動費(急な出費)はそのまま現状通りで+副業(アルバイト)で収入をアップする方法です。少し邪道かもしれませんが、自身の能力を超えている借金に対して、収入自体をアップさせる方法です。この方法は、必要経費+変動費(急な出費)の現状を維持又は抑えていないと意味がありません。収入がアップした事に依ってお金の使い方までアップしてしまっては、元も公もありません。”

民事調停はどんな流れで進む?

2014/02/14

 

gf1940270332m

 

民事調停とは、民事の紛争の当事者同士が、調停委員会のもと話し合いを進め、合意によって解決を図る方法です。手続きが簡単で、しかも円満に解決できる可能性が高く、また手続きが簡単で、費用も低額であることから、自分1人で申立をすることが可能です。しかも、解決までに要する期間は3か月程度で、調停成立の場合に作成される調書は法的効力が高く、この調書の取り決めに従わない場合には、強制執行が行われます。
流れとしては、まず、相手方の住所を管轄する裁判所に出向いて申立を行います。申立人の住所を管轄する裁判所の場合もあります。いずれの場合も、裁判所にある申立書に郵便切手、必要な場合は添付書類をつけて提出します。郵便切手は相手に書類を送付するためのものです。他に手数料が必要ですが、これは収入印紙で納付します。
調停を申し立てられた人(相手方)に書類が送付されると、申立人、相手方それぞれに、期日に裁判所に出向くよう呼び出しがかかります。期日に行われる調停委員会は、紛争の実情の聴取、解決案の提示という流れで進み、最終的に調整が行われて合意に達すると、調書が作成されて、ここに調停が成立します。不成立の場合は、それに代わる解決案が提示されますが、それにどちらかから異議申し立てがあった場合は、訴訟となります。

民事調停をするメリットは?

2014/02/14

 

gf0110438702l

 

社会で生活していると、不本意ながらも誰かと紛争になることがあります。人との付き合いが多ければ多いほどその可能性も大きくなるでしょう。こうした、民間人同士での紛争の解決には裁判所を利用することもあります。ですが小さなことで毎回裁判を起こしていては費用もかかりますし必要な労力も相当なものになります。そこで利用するのが民事調停です。これにはどんなメリットがあるのでしょうか。
まず、何と言っても手続きなどが簡単であるということでしょう。裁判所によくあるトラブルに応じた申請書がありますのでそれに記入するだけです。記入の仕方も教えてもらえますので初心者でも心配なく行うことができます。また、手数料も裁判比べて安いということもメリットと言えます。例えば紛争の対象額が10万円なら500円、30万円なら1500円といった感じです。弁護士を雇う必要もありませんのでそれだけでもかなりのコストダウンが見込めます。
その他のメリットとして、解決までの期間が短いこともあります。ほとんどが3回程度で済みますので精神的にも楽ではないでしょうか。また、短いからといってその効力が弱いわけではありません。通常の裁判と同じ効果を持ちますので調停終了後も心配はいりません。プライバシーもしっかりと守られますので、もしものときは利用してみるのも良いのではないでしょうか。

一般的な問題は民事調停で解決

2014/01/24

 

gf1940270332m

 

刑事事件以外のトラブルを解決する方法としては、民事調停と民事訴訟がありますが、民事訴訟は損害賠償や財産に関する問題を解決するものであり、一般的な近隣トラブルなどを解決する方法としては民事調停が有効です。まずは簡易裁判所か地方裁判所へ申し立てを行います。そして、裁判官一人と民間から選ばれた弁護士や医師などの専門家二名の立会いの元、当事者の話を聴き、法律や実例に即した内容を提示し、当事者間での合意を目指すものです。民事調停のメリットとしては、まず、裁判官立会いではありますが、当事者間での合意、歩み寄りを目指すもので、双方が納得のいく結論を導き出そうというものです。これが民事訴訟のように裁判所の判決という第三者の判断になりますと当事者間のいさかいが感情的でより複雑になることも考えられます。次に、当事者間での話し合いとは言うものの、合意内容を記した調停調書は判決と同等の効力を有するものであり、もし内容を遵守しなければ、調停調書に基づいて強制執行を行うこともできます。また、当事者間で顔を合わせたくない場合は個別に聞き取りも行ってもらえるますし、調停自体は非公開ですのでプライバシーも守られます。そして、手続き自体が簡単、訴訟費用が安い、解決までの期間が短いというのも利用しやすさの一因にもなっています。